お手持ちの土地を有効活用するために、アパートやマンションなどの賃貸物件を建てる方が増えています。

いわゆる”賃貸経営による土地活用”という方法なのですが、近年では大手不動産業者もこの土地活用に乗り出しています。

賃貸経営は専門知識をもっていない方でも気軽に行うことができます。

その理由として、専門の管理会社に管理を委託することができるからです。

これにより、事務作業などの手間がかかりません。

賃貸経営をおこなうことで、以下のようなメリットがあります。

●収益

賃貸物件ですので毎月決まった収入を見込むことができます(借主からの家賃収入)。

しかも現金収入となるため、老後の蓄えとして貯蓄することができます。

●税金

毎年お手持ちの土地にかかる固定資産税を支払っていることと思います。

実は固定資産税は更地の状態が最も高額になります。

そのため、お手持ちの土地に賃貸物件を建てることで、更地の固定資産税の6分の1にすることができます。

また、相続税の軽減も期待することができます。

●資産

次の世代に確実な形で資産を残すことができます。

土地だけでなく、収入源の継承にもなるため、喜ばれることは間違いありません。

また、生前贈与の手続きをしておくことで、相続時の納税資金としても蓄えることができます。